近年の盗聴被害と仕掛けられる場所について

盗聴器発見の比較アドバイス『盗聴器を見つける方法』

盗聴器が仕掛けられやすい場所

盗聴器が設置されやすい場所はある程度決まっています。

 

一般家庭において盗聴器をつけられる手軽に取り付けられる二股や三股のコンセント部分や、電話の中に仕込んでいる場合が多いです。
このような電話や電源のコンセントに偽装している盗聴器は取り付けが容易で、家主がちょっとしたスキに仕込むことができるので、盗聴器に詳しくない素人であったとしても取り付けが可能なので、意外と一般家庭にも盗聴器がある場合があります。

 

最近の盗聴器はかなり進歩しているので、盗聴できる会話を傍受できる範囲や長時間電池の充電なしでも動き続ける盗聴器もあります。

 

また、他には電話線に中継コードや延長コードを挿入することで、電話の内容をすべて聞くことができる電話ようの盗聴器もあります。
電話機自体に盗聴器をつけることができ、電話機に偽装ユニットを差し込むことで電話を交換しない限り半永久的に電話の音声を送信し続けます。

 

それから、意外なものの中に盗聴器が隠されている場合があります。

 

それはおくりもののぬいぐるみの中や、机の裏側など普段なら気にもしないところに盗聴器を隠すことがあります。
またアパートやマンション、玄関に郵便受けがある家庭の場合はその部分に盗聴器をつけられる可能性があるので、とくに注意が必要です。

 

盗聴器は会社に仕掛けられているかも!目的・場所・対処方法


ホーム サイトマップ