盗聴を物理的に防ぐ方法

盗聴器発見の比較アドバイス『盗聴器を見つける方法』

盗聴を物理的に防ぐ方法

盗聴を物理的に防ぐ方法として、もっとも効果的なのは、盗聴器を仕掛けることが出来るスキを見せないことです。隙を無くすための防犯対策を心がけるには、その防犯の方法について知ることが必要になります。

 

防犯対策の基本として、まずは危機意識を持つことが大切です。
盗聴を防ぐために必要な危機意識とは、「自分は盗聴なんてされない」や「盗聴なんて関係が無い」という自分の中にある根拠の無い自信です。
特に女性に注意をしてもらいたいのは、一人暮らしで家を空ける場合が多く、家の周囲が他の人や家から死角になる場所があった場合に、盗聴以外の犯罪の標的にされてしまう可能性もあります。

 

どうやって防犯を心がけたらいいのかわからないという人は、まずは自分のライフスタイルの中で他人に付け込まれるようなことはないか考えることも1つの防犯です。

 

例えば、最寄りの駅から家に帰るときにも、路地の曲がり角で自分をつけてきている人間がいないかさりげなく後ろを振り返る、または、付けられていないか確認をするために、一度立ち止まり、携帯電話を掛ける振りをするなどで、足音が聞こえるかどうか、または周囲に怪しい人物がいないか注意を払うなどすることで、ある程度の防犯対策となります。

 

注意が必要なのは、まったく関係の無い人間を間違って付き纏いをする人間だと思いこんでしまうことですが、自宅に返る時間などを調節して、不審な人物が付き纏っていないか確認をするなどの方法で対処をするなどがあります。


ホーム サイトマップ